女の人

雇われから脱出!開業医で独立経営|医療のマーケティング法

自分の接骨院を開業する

接骨院を開業する際には、多額の開業資金が必要になります。ほとんどの人が金融機関から開業資金の融資を受けていますが、融資審査で落とされてしまう人もたまにいます。確実に審査に通過したいのなら、接骨師会のサポートを受けて説得力のある事業計画書を作成するのが得策です。

海外へ進出はチャンスです

海外で会社設立をする候補として非常に注目されているのがインドネシアです。その理由は全て外資からの資本金で会社設立が可能ということです。そのことで無用なトラブルを避けることができます。そして会社設立には進出形態の決定や投資規制の確認、会社名の予約など様々な作業が必要になります。

自分の病院を持つこと

白衣の人

病院を開業するまでの流れ

開業医は自分で全てを決めることができ、より患者さんと密に接していくことができますが、その分評判や経営方針などこれまでとは異なる視点を持っていかなければなりません。開業する場合に、既に親族等の病院がありそこを活用する場合と、一から作り上げていく場合が考えられますが、ここでは、一から作り上げていくことを想定します。開業医になろうと思ったらまず、どこで開業し、どういった患者さんを対象とするかが重要になってきます。開業医は経営のことも考えなければならないため、場所は特に重要です。立地条件によって来院状況が異なりますし、需要が異なります。例えば、オフィス街なら、平日は遅くまで開けておく、一方、住宅地であれば、土日に開けるということも選択肢になります。ただ、この時に気を付けるのが地元の医師会です。様々な規定があったりするので、立地と合わせて周りの環境も確認しておきましょう。また、自分の専門を標榜することが第一にはあると思いますが、開業医になると、勤務医とは違いジェネラルな要素が出てきます。新規の患者さんを想定するのであれば、患者さん目線で訪問を検討しやすい診療科を考える必要もあります。たとえば、精神科であれば、心療内科も標榜するなどといったことです。立地や標榜が決まったら、あとは設備と人員の確保です。設備は新規で購入を検討されることが多いかと思いますが、経営の面からすると、コストがかかります。また、実際に開業してみると使用したい器具が異なる可能性もあるため、レンタルも検討しましょう。また、経営の面から人員数も考えなければいけません。開業医となるには、勤務医時代と異なり、経営の観点から考えることが多くなるため、そういった視点を楽しめる方には、経営者兼開業医として運営を行っていかれるといいと思いますが、そのあたりが苦手な方は、経営を相談できるパートナーを探すのが良いかと思います。たとえば、開業医のクリニック経営を専門的にサポートするコンサルティング会社も存在しており、彼らはクリニックを運営していくノウハウを持っています。まずは相談して経営する上での悩みを打ち明けてみるといいでしょう。

必要時にだけ利用できる

宅配サービスの利益が伸び悩んでいるようなときには宅配コンサルタントを利用してアドバイスを受けることができます。宅配エリアにおける需要を考慮して、適切なメニューや配達方法などについて必要時に提案を受けることが可能です。